マイホーム購入時のこだわりを明確に!

家族ができた時、マイホームを持つことは夢ですね。人生における大きな買い物の1つと言われるほどですので、こだわりや譲れないことは諸々あるかと思います。それらすべてが思い通りになればベストですが、現実として中々そうはいかないものです。

例えば、テレビなんかに出てくるような広い日本家屋は憧れる人も多いのではないかと思います。自らの実家も今住んでいる家も和室のない家なので元からそういった和風の家に対して憧れを持っている、また基本的に和風のものが好きで、そういう意味でも家ごと和風にし、大好きがつまった大きな家に住んでみたいと思う人。

あるいは、海外に居住経験がある人や海外の友人知人がいる人は、海外の家屋が理想だと思う人もいます。海外の家屋は、広いお庭があったり、バルコニーにテーブルセットがよくあって、そこで朝食やティータイムを楽しめるようになっている家が多いと感じます。そういった家にしばし滞在すると、子供達も大人も家にいながらゆったり外の空気に触れてリフレッシュしたり、草や土に触れて気分転換をしたりと、わざわざ外出せずとも、リラックスできてストレスが減るような気がします。特に、子供達は言うまでもなく、のびのびと走り回ったり土いじりに没頭したり、自分たちの世界で集中して遊んでくれます。犬が一緒に走り回っていたりしたらさらに素敵だと思います。

特に、分譲マンションに住んでいる人は憧れるのではないでしょうか。マンションは一方でセキュリティは万全ですが、庭も広いバルコニーもなく、エレベーターで共有部分を通過して、やっと散歩なり公園なりと外気に触れることができるようなレイアウトが多いと思います。

こんな声もあります。結婚し、子供が生まれた家族にはやはりマイホームは夢のようです。一軒家も良いですが、交通の利便性を考えるのであれば都心部の分譲マンションの方が良いでしょうか。家族や友人とパーティなどでワイワイ騒ぎたいので、広めのリビングに広めのキッチンがいいですね。今はまだ2人の子供も幼いですが、ゆくゆくの事を考えると、やはり一人一人個別の部屋は欲しいですね。そして欲を言えば、できれば仕事専用の個室も欲しいですよね。また、プロジェクターを置いてシアタールームを作ったり、書斎のように大きな本棚に沢山の本を敷き詰めたりと、夢が広がりますよね。

しかし、すべての条件が満たされることは非常に厳しいものです。そこで、ここだけは譲れないというこだわりを明確にしておくことが何よりも大切だと感じます。

超SEO対策
内職 アルバイト